代表的なAGA治療方法について

代表的なAGA治療方法について

AGA(男性型脱毛症)の名はCM等の広告で使用される事も多く、広く知られるようになりました。しかし実際に行われている治療方法まで知っている人はまだ少ないようです。AGAと一般的な抜け毛や薄毛等を混同している人もいるようですが、AGAの治療は一般的な育毛方法とは全く異なります。

 

AGAの治療は医療機関で行われるものなので、いわゆる育毛サロンで行うような頭皮のケア等は行っていないのです。AGAの治療は内服薬や外用薬を用いる方法と頭皮内に直接働きかける方法とに分ける事が出来ます。

 

内服薬としてはフィナスリド(プロペシア)やミノキシジルを用いる事が多く、頭皮の状態によって使い分けられています。しかしその働きは全く異なっており、その上フィナスリド(プロペシア)は医療機関であればどこでも処方を受ける事が可能ですが、ミノキシジルはAGA専門の医療機関でしか取り扱っていないという違いがあります。

 

2種を個々の状態に合わせて併用するクリニックもありますが、それもやはりAGA専門医ならではのアプローチとなっています。つまり、AGA専門医での治療を受ける方が治療方法においての選択肢が多いという事が言えます。

 

頭皮に直接働きかける方法はHARG療法とか育毛メソセラピー等と呼ばれ、医療機関によって異なる機器(レーザーやダーマローラ等)を使用して頭皮に成長因子を直接注入する方法となります。

 

成長因子とはアンチエイジング分野においても注目されている成分で、毛母細胞の再生を手助けすると期待されています。多くはこの成長因子に加えてビタミンやアミノ酸等の頭皮に必要とされる栄養素も一緒に配合されています。