ウィッグの手入れ方法

ウィッグの手入れ方法

ウィッグを愛用する人が多くなっています。自分のコンプレックスを解消したり、手軽に好みのヘアスタイルにしたりする事の出来るアイテムとして、人によっては手離す事の出来ないアイテムとなっているようです。人気のウィッグですが、使えばホコリ等の汚れが付着しますし、頭皮や自分の毛髪についた汗や脂、角質等も染みついてゆきます。

 

衛生上も良くないですし、見栄えにも影響しますので定期的な手入れが必要となります。使用後はまずブラッシングで表面のホコリを取り去り、絡まりをほぐしましょう。短時間の使用の後や忙しくて時間の無い時はブラッシングをするだけでも良いでしょう。

 

本格的な手入れとしては、これに加えて自分の髪の毛と同様に洗ってゆきます。この時使用するのは頭髪と同じようにシャンプーで問題ありません。ぬるま湯に軽く浸した後、適量のシャンプーを使って押し洗いすればかなり綺麗になります。注意するのはウィッグを激しく動かさないようにする事です。

 

絡まりの原因となり、後で後悔する事になってしまいます。しっかりと洗いたいところですが、そこはグッと堪えて軽く押し洗いするに留めましょう。コンディショナーや柔軟剤を使うと仕上がりがサラサラしますので、すすぎを行った後に同じ要領でプラスしてみてください。

 

乾かす際はタオルで包むようにして水分をしっかりと取り除いてゆきます。この時もゴシゴシしないで優しく扱いましょう。その後は乾いたタオルか新聞紙等の上に広げて自然乾燥させます。乾いたらブラシで整えて完了です。

 

ドライヤーで乾かしたくなる人もいるかもしれませんが、ウィッグに使用している毛によっては変形してしまいます。使用可能かどうかは取扱い説明書に従って判断して下さい。