無駄にせずに利用するための家庭用白髪染めの選び方

無駄にせずに利用するための家庭用白髪染めの選び方

家庭用の白髪染めにはいくつかの種類があります。それぞれに特徴があり、一度開封してしまうと一回で使い切らなければならないような品もあります。例えば生え際だけが気になるという人がこのような品を選ぶとほとんどが余ってしまう結果になります。

 

しかし白髪の生えている場所や自分の気になる箇所を考慮して選べばムダにする事なく、その効果を長く楽しむ事が出来ます。白髪染めはカラーリングやヘアマニキュアといった半永久的にしっかりと染め上げるものと、シャンプーやトリートメントとして緩やかに染めてゆくものが人気となっています。

 

カラーリングについては更にフォーム、ジェル、クリームがあり、更に全体用と部分用とがあります。これらをどう選ぶかでムダなく、しかも美しく染める事が出来ます。ではどのように選べば良いのでしょうか。

 

例えば本数は少ないものの全体的に白髪が散らばっている人で、出来るだけナチュラルな感じにしたいという人はシャンプーやトリートメントで緩やかに染めるのが良いでしょう。全体のカラーイメージを損なう事なく白髪を目立たなくさせる事が出来るからです。

 

印象を変えたいならばカラーリング、出来ればフォームを使うのが良いかもしれません。フォームはムラになりにくい為、全体に散らばった白髪を漏れなくキャッチ出来るからです。部分的に白髪の量が多い人は部分用でクリームタイプのカラーリングでしっかりと染める方が良いかもしれません。

 

一か所に多くの白髪があるとかなり目立ちますが、クリームなら髪にしっかり絡まって綺麗に染める事が出来ます。櫛状で何度も使用出来るタイプもあるので、気になる部分をコマメにカバーしましょう。